オリゴ糖で皮膚の炎症を抑える!?腸内環境が超重要!

amai

甘いものが大好きな管理人は、意志が弱いので甘いものを断つことができません(笑)ケーキやシュークリーム、どら焼き、アイス…etc 挙げたらキリがありません。


食後は甘いものでシメないと食事が終った気がしません。習慣と言うというのは本当に恐ろしいです。。。


だから甘いものやめてしまうとストレスで余計に皮膚の状態が悪化するのではないか?いや、絶対悪くなる!と思い、いろいろと調べた結果、オリゴ糖にたどり着いたわけです。


砂糖の代わりにオリゴ糖を使うということです。一般的に砂糖は皮膚炎に良くないと言われていますが、これは私にも当てはまりました。


砂糖が脂漏性皮膚炎の炎症をひどくする


satou

「白砂糖の摂取NG」はアトピー性皮膚炎でだけでなく、脂漏性皮膚炎の症状にも当てはまると思います。個人的な経験で話をすると、白砂糖を摂らないようにしても症状が出てしまう時はあるのですが。。。


でも白砂糖の摂取を控えると確実に炎症の引きは早まります。


体感でいくと、1週間かかって治まったものが3、4日位で治まる、といったところでしょうか。だから悪影響を与えているんだな・・というのは確かなことです。


ではなぜ白砂糖が脂漏性皮膚炎に良くないのでしょう?


脂漏性皮膚炎の敵!白砂糖がNGな3つの理由


nogood

白砂糖による人体への弊害はいろいろとありますが、主な原因を挙げるとすると3つです。

・ビタミンB群が失われる
・副腎が疲労する
・悪玉菌のエサになる


白砂糖の影響によって肥満や虫歯はもちろん、うつ病にもなると言われていますが、脂漏性皮膚炎に対してはこの3つが挙げられるのではないでしょうか。


ビタミンBは皮膚の生成において、栄養や修復に欠かすことができません。しかし、白砂糖を分解する過程でビタミンB群が必要になるために消費されてしまうのです。だから皮膚のためのビタミンBが少なくなってしまうのです。


副腎は皮膚の炎症を抑えるいわゆる「ステロイドホルモン」を作る場所です。ステロイド外用薬を塗ると、立ちどころにキレイな肌になることからわかるように、皮膚で起こっている炎症を抑えてくれるからです。


またこのステロイドホルモンは、血糖値を上げる役目も担っています。


白砂糖(糖質)を摂ると血糖値が急激に上がるので、すい臓からインスリンを出して血糖値を下げます。すると急降下するので今度は血糖値を上げなければいけません。


その時にステロイドホルモンが分泌されるわけです。


そんな血糖値の激しい上下動をやっていると、しだいに副腎は疲れてしまい、ステロイドホルモンを作れなくなってしまいます。


だから皮膚に炎症が起きても自前のステロイドを使えず、人工的に作られたステロイド剤に頼ってしまうことになるのです。


ちなみにステロイドホルモンを作るためにはビタミンBが必要になります。ということは、ここでも白砂糖は自前のステロイドホルモンを作る邪魔をするのです。


そして、もう一つの弊害は腸内の悪玉菌のエサになること。


白砂糖が腸内にいる悪玉菌の大好物になるので、悪玉菌が増殖して腸内環境が乱れます。腸内環境が悪化することによって、本来排泄されるべき不要物や有害物質が留まってしまいます。いわゆる便秘ですね。


banpi

便秘になると、有害物質が腸壁を荒らしたり、ガスとなって体内に入りこみます。それに身体が反応してアレルギー症状を発生させてしまいます。皮膚はてきめんに現れますね。


脂漏性皮膚炎だけでなくアトピー性皮膚炎やニキビなども、便秘=悪玉菌の過剰増殖が大きな原因の一つになっています。


悪玉菌も少しは居る方が腸内環境のバランスとしては良いのですが、わざわざエサ=砂糖を与えるようなことをする必要はありません。悪玉菌は他にもエサが豊富にありますので。


食物繊維や善玉菌を摂っているだけではダメ!?


seni

オリゴ糖は甘くても砂糖とは性質が異なります。成分が全く違うのですが、まずビタミンB群を消費しませんし、血糖値を急激に上げることもありません。さらに悪玉菌のエサではなく、善玉菌のエサになってくれるのです。


昨今、お通じを良くするために食物繊維をたくさん摂りましょう!乳酸菌や麹菌のような善玉菌を摂りましょう!と言われています。


たしかに摂取することは大事ですが、じつはこれら食物繊維や善玉菌を摂っただけでは腸で働いてくれません。


食物繊維の役割は便のかさ増し。だから食物繊維をたくさん摂っても腸が働かなければ、かえって便秘がひどくなるということも。


善玉菌はたくさんの種類がありますが、人によって相性があり、せっかく摂っても腸に定着して仕事をしてくれるとは限りません。腸内が悪玉菌に支配されていれば無駄になることもあります。


そこでオリゴ糖を摂取すると善玉菌のエサ(栄養分)になるので、腸内で善玉菌が増えて定着する手助けをしてくれるのです。善玉菌が増えてくると、腸が活発に活動し始めます。


すると、食物繊維でかさ増しした便がどんどん直腸へ運ばれて、晴れて体外へ排出されるというわけです。


つまり、腸をキレイにして症状を出さないようにするには、


「オリゴ糖で善玉菌を増やし、増えた善玉菌で腸を活発に機能させ、食物繊維で排泄を促す」


というサイクルにする必要があるのです。


ただ、その人に合う(しっかりと作用する)善玉菌があるように、オリゴ糖と善玉菌との間にも相性があると言われています。オリゴ糖にも善玉菌にもいろいろな種類があるので、せっかく摂ったオリゴ糖をエサにしない善玉菌があるわけです。


だから市販されているオリゴ糖はあまりオススメできません。なぜならひとつのオリゴ糖しか入っていないからです。つまり、貴方が持っている特有の善玉菌のエサになり得る可能性が非常に低いということになります。


おすすめのオリゴ糖



origo

そこで、おすすめできるオリゴ糖があります。それは「カイテキオリゴ」「はぐくみオリゴ」という商品。この2つはなぜオススメできるのか?


それは、複数のオリゴ糖が含まれているからです。

カイテキオリゴは3種類のオリゴ糖、はぐくみオリゴは5種類のオリゴ糖が入っています。これだけの種類が入ったオリゴ糖って他には見たことがありません。


いずれもインターネットでしか購入できませんが、市販されているオリゴ糖にはない特色を持っています。それだけ市販のオリゴ糖よりも値が張りますが、それだけの価値があるのでは、と思います。

>>カイテキオリゴについて

>>はぐくみオリゴについて


「カイテキオリゴ」に含まれるオリゴ糖
【ラフィノース・ミルクオリゴ糖・セロオリゴ糖】


「はぐくみオリゴ」に含まれるオリゴ糖
【乳糖果糖オリゴ糖・ガラクトオリゴ糖・フラクトオリゴ糖・キシロオリゴ糖・ラフィノース】

では、どちらの商品がオススメなのか?これは、販売方法や金額なども変わりますし、その人によって合う合わないもあるのでどちらが良い!ということができません。


種類が多い方が、あなたの持っている善玉菌と合う確率が高くなりそうな気がしますが、カイテキオリゴのミルクオリゴ糖やセロオリゴ糖の方が合うというケースもあるので、こればかりは試してみるしかありません。


私自身は「はぐくみオリゴ」の方が甘みが強く、砂糖の代わりになるのではぐくみオリゴを愛用しています。


その他の違いを以下の表で見比べると-

商品名
カイテキオリゴ

はぐくみオリゴ

含有オリゴ糖(全3種類)ラフィノース・ミルクオリゴ糖・セロオリゴ糖(全5種類)乳糖果糖オリゴ糖・ガラクトオリゴ糖・フラクトオリゴ糖・キシロオリゴ糖・ラフィノース
その他の成分乳糖・ショ糖なし
カロリー(10gあたり)20.7kcal27.68kcal
価格(1ヶ月定期コース)3065円(コースによって割引率がアップする)1840円(初回のみ)
2回目~2944円
特典全額返金保証(25日間)全額返金保証(10日間)
解約1ヶ月定期コースのみいつでも解約可能
(3ヶ月、年間コースは縛りあり)
お届け日10日前までに連絡すれば解約可能



補足事項としては、カイテキオリゴは3ヶ月定期コースと年間定期コースがあって、割引率が3ヶ月契約は15%、年間契約は20%になります。

月換算すると、
3ヶ月コースは1袋あたり2670円
年間コースは1袋あたり2517円

となるので、1回だけなら断然はぐくみオリゴのほうが安いのですが、長いコースを選ぶとカイテキオリゴの方がお得になります。


年間コースだとカイテキオリゴの方が約4000円安くなる計算です。


ただし、3ヶ月コースは最低3回(9袋)、年間コースは4回(12袋)の購入が前提となっているので途中解約はできないのは頭に入れておきましょう。


自分の腸と相性が合っているとわかっていれば、カイテキオリゴの方が金額的には安くなるということです。ちなみに私は基本コースと呼ばれている3ヶ月コースを選びました。年間だともし飽きたら・・・と思うので。


あと、この2つの違いは味です。


カイテキオリゴは本当に甘みが少なく、逆にはぐくみオリゴは甘みがかなり強いです。そのまま食べてみると綿菓子を食べているようです。


なので甘みはそんなにいらないよ、という人はカイテキオリゴを、甘さが欲しいという人ははぐくみオリゴを選ぶと良いと思います。


長々書いてしまいましたが、できるだけ砂糖を減らして腸の中を良い環境にしましょう。コレが大事。そうすると皮膚炎の症状はかなり改善されるはずです。


私のようにおやつやスイーツが好きでやめるくらいなら赤くたって痒くたっていいんだ!?という人は、代わりにオリゴ糖をむさぼりましょう(笑)


食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあるようですが、そんなに食べなくてもきっとお腹(脳)は満足するはずです。


もし、興味があればお互いのオリゴ糖のページを見比べてみてください。どちらか気になる方をまずは試してみると良いのではないでしょうか。

>>カイテキオリゴの販売ページはこちら  
 
>>はぐくみオリゴの販売ページはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ