脂漏性皮膚炎の原因とは何なのか?いまだに解明されてないって本当?


脂漏性皮膚炎はまだそれほど知られていない疾患名です。私も病院で診断されるまでそんな名前を知りませんでした。


しかし、いざ自分の身に降りかかってみると、案外周りでも同じような症状を抱えている方がいる事に気づきます。


でもまださほど気にしていない人もいるようです。単なる肌荒れくらいにしか思ってないのかもしれません。今までの印象では男性の方が多いように感じます。顔の状態にあまり頓着がないからでしょうか^^;


女性はもし顔面に赤みが出てもある程度メイクで隠せるから見つけにくいのかもしれませんね。でもそれはそれでタチが悪いというか、隠せるからこそ治そうと考えなくて治癒が遅れるかもしれません。


ともあれ、脂漏性皮膚炎は病院に行かないと(自分が罹っているんだ)という実感が湧きません。ただ、病院に行ったとしても治す手立てはあまりないように思います。


真菌や細菌によって皮膚が炎症を起こしている。それが原因だとわかっていますが、それはあくまでも表面的な原因です。本当に知っておきたいのは、常在菌である真菌や細菌になぜ皮膚が負けてしまうのか?その原因を知りたいのです。


「マラセチアというカビ菌が増殖しているからです。」ってそれはわかったからさあ・・・というところです。

Sponsored Link



【脂漏性皮膚炎】菌に負けてしまう原因を挙げてみた





この忌まわしい脂漏性皮膚炎の元となる原因を、本やネットで調べたり、自分自身の体験から挙げてみます。

【菌に負けてしまう原因と考えられるもの】
1.食生活
2.睡眠
3.ストレス
4.遺伝
5.薬
6.姿勢
7.ホルモンバランス
8.疲労
9.皮膚刺激
10.気候


と、ざっと挙げるだけでもこれだけの要因が考えられます。まだ他にもあると仮定すると、人によって原因のバラ付きが出るのも無理ないな、と感じます。


病院で原因を教えてくれたりしますが、その人個人に当てはまるのかは、かなり微妙です。


食生活に気をつけたって睡眠時間が短かったら治まらないし、ぐっすり眠れていても冬場になると出ることだってあるのです。これが脂漏性皮膚炎が難治である理由ではないでしょうか。


確定しているわけではありませんが、私自身の原因は1.2.3.5.9が該当しているような気がします。


・・・半分以上の項目に該当している気がするのでいろいろと気を配らなくては良くならないということかもしれません。だから何度もぶり返すのも少し納得しました(笑)


さらに食生活ひとつ取っても、細かく見ると人によってNGなものが違います。一般的に炭水化物(とくにもち米)や油物、甘いものはNGとされています。


私の場合は脂っこいものは比較的OKですが、砂糖とアルコールはダメです。ある一定量を越すと翌日からムズムズしてくるのでわかります。


関連記事:
>>砂糖の代わりになるイイ奴はコレ!


よく和食中心で、と言われるもののお餅や白米なんて和食の代表的なものなんですけどね。。。




というわけで、現段階では脂漏性皮膚炎はなんとなくの原因はわかっているが、いろいろな要素が絡み合いすぎて個人差が大きく、特定するのは難しい状態と言えるのではないでしょうか。


だから症状を繰り返すのであれば、原因ではないか?と考えられることを1つ1つ潰していくくらいの覚悟が必要になってきます。


そしてある程度知識を得たら、他人任せ(病院任せ)にするのではなく、自分で考えて行動しないと改善するのは厳しいと思います。

かなり面倒くさくて手間がかかりますが、粘って自分に合う治療法を見つけましょう!!

Sponsored Link


 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ