「抱きまくら」3つの活用法で腰痛をやわらげる!

dakkimaku

腰痛が気になって眠れない、あるいは同じ寝相で寝ていると腰に痛みが出て困るという方に。


「抱きまくら」を使ってみてはいかがでしょうか?


抱きまくらも使い方によっては、腰痛予防に大いに役立ちます。今回はその方法を3つほどご紹介します!

Sponsored Link



正しい寝方はあるのか?



大切な睡眠を腰痛のために妨げられると、ますます腰痛はひどくなってしまう「悪循環」に陥ってしまいますから、できるだけ熟睡できるようにしなくてはいけません。


では、腰痛にとって正しい寝方はあるのか?というと、


「その人にとって熟睡できる寝方」が正しい寝方になります。


仰向けが一番寝やすいのであれば、仰向けで寝るべきですし、横向きじゃないと眠れないのであれば横向きで寝るべきです。


寝方については別記事で紹介しています。

>>腰が痛くなってしまう寝方や腰痛に良い寝方について


ただ、ふだん仰向けでしか寝付けない人が、仰向けになると腰痛でなかなか眠れない、ということがあるかと思います。そんな時には抱きまくらの出番です。


ふだん横向きで寝ている人はあまり気になりませんが、慣れていない人は、下になっている側の肩や骨盤が痛くなってしまうことがあります。


しかし、抱きまくらを使うことによって、身体の重みが分散されるので、下になっている肩や骨盤の負担が減るのです。


ということで、抱きまくら本来の使い方である横向きで巻き付く寝かたでも腰が痛くなく熟睡できればOKです。


ここからはノーマルな使い方以外の3つの方法を紹介します。

Sponsored Link



抱きまくら別法


1.うつ伏せで身体の左右どちらかに当てる

完全にうつ伏せだとキツいという方は、左右半身どちらかを抱きまくらに覆いかぶさる形にして寝ます。


するとうつ伏せ状態よりも腰の反りが少なくなるのでラクになることがあります。


2.膝の下に当てる

これは仰向けで寝たい人向けです。ひざ裏に身体と十字になる形であてがいます。すると膝関節がやや曲がった形になります。


こうなると、腸腰筋が緩むので、腰椎があまり引っ張られなくなり、痛みが緩和されることがあります。


3.仰向けで身体の左右どちらかに当てる

これもどちらかと言えば仰向けで寝たい人向けです。右半身か左半身のどちらかの下に抱きまくらを敷く形になります。


1のうつ伏せと逆バージョンです。そうすると半仰向け状態になります。完全に横向きだと寝づらい、かと言って完全に仰向けだと腰がツラい、という人向けです。横向きの背もたれ版と言った感じですね。


以上が、抱きまくら3つの活用法です。


抱きまくらというと、横向き寝のためのものだと思われがちですが、仰向け派にとっても使えます。もし睡眠がうまく取れていない人は、抱枕を使ってみてもイイと思います!


現在ではいろいろなタイプの抱きまくらが出ています。安いのであれば2000円以下で購入できます。






少しばかり値段が上がりますが、個人的にはこちらの王様の抱き枕を愛用しています。王様って抱き枕使うイメージはありませんが(笑)でも気持ち良さは格別だと思います。


王様の抱き枕

丸洗いできる所もありがたいです。


ということで腰痛にかぎらず、睡眠は健康維持に欠かせない要素です。こういったアイテムを活用して腰痛を克服しましょう!

Sponsored Link


 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ