腰が痛くなってしまう寝方や腰痛に良い寝方について

suimin

寝ていて腰が痛くなったり、朝起きる時に腰が痛くてツラい。。。なんで痛くなるのだろう?寝方や寝相が悪いから?なんてつい考えてしまいますよね。


では腰に良い寝方なんてあるのでしょうか?今回は「腰に悪い寝方・良い寝方」について考えてみました。

Sponsored Link



腰痛持ちの大半は横向き寝



腰痛を経験したことがある方ならおわかりかと思いますが、腰が痛いときは仰向けやうつ伏せではなかなか眠ることができません。それは、うつ伏せや仰向けだと筋や靭帯に負担がかかるからです。


痛みが出ない寝方としては、横向きがポピュラーです。筋肉や靭帯が原因であれば、おおよそ横向きで痛みを感じることなく眠りにつくことができます。


しかし、、、、


ずっと同じ方向の横向きでは、下になっている肩などが痛くなるので寝ることができません。

Sponsored Link



良い寝方というものはない!


kaimin

横向きで寝ると腰への負担は減りますが、それでもずっと同じ方向を向いているのは他の部分がつらくなります。ですから、この寝方が最適!というものははっきり言ってありません。


それよりも大事なことは、


いかに寝返りをスムーズに打てるか?




が重要になってきます。


左右どちらにも寝返りが打ちやすい固さのマットレスや敷き布団であったり、ある程度のスペースが必要になってきます。パートナーや家族、ペットと一緒に寝ている人は、1人で広々寝るようにしましょう。(かなり難しいかもしれませんが・・・)


腰痛がひどい状態だと寝返りを打つことが一苦労なのですが、これは致し方ありません・・・。がんばりどころです(笑)


ということで、「腰に良い寝方」という決まった寝相はなく、痛みを軽減させるには横向きが最適なことが多い、というところです。


人によっては腰が痛くても仰向けがラクという人もいますし、決定打はありません。横向きの場合は、抱きまくらなどを
使って体重を分散させるのも手です。


daki1

そして、良い寝方がというものがないように、「悪い寝方」「悪い寝相」というものもありません。


「うつ伏せに寝てはいけない」
「横向きに寝ると骨盤が歪んで余計に腰が悪くなる」



などと言われたりしていますが、それも関係ありません。人それぞれです。痛みが気にならずに気持ち良く眠れればどんな姿勢でもOKです。


あまりナーバスに考えずに、身体に聞けばいいだけです。

Sponsored Link


 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ