NHKスペシャルの腰痛治療について!最先端の治療は脳のDLPFC?

youtu

2015年7月12日にNHKで放送された「NHKスペシャル」では腰痛の最先端治療について特集されていました。世界では今、腰そのものではなく
『脳』に注目しているということです。


脳からのアプローチによって劇的にかわったという例などを交えて紹介されていましたので、内容についてまとめてみました。

Sponsored Link



長引く腰痛は脳にあり



日本には2800万人いると言われている腰痛持ち。その約半数は「慢性腰痛」と言われています。慢性腰痛というのは、3ヶ月以上腰に痛みを感じている状態のことを指します。


また、検査をしてもはっきりとした原因がわからない場合も慢性腰痛に該当します。


その慢性腰痛について、カナダのマギル大学では次のような研究が行われました。


半年以上腰痛のある患者18人について調べたところ、脳のある部分の活動において共通することが見つかったのです。それは「DLPFC」と言われる部分の体積が健康な人に比べ極端に少なく、また活動も衰えているというのです。


健康な人のDLPFCの体積の約半分くらいになってしまっています。


また、痛みが強くて長引いている人ほど、DLPFCの働きが衰えてしまっていることも判明。ということでDLPFCに腰痛の原因があるのではないかと考えられるようになったのです。


DLPFCとは?



dlpfc

DLPFCとは、背外側前頭前野(はいがいそくぜんとうぜんや)Dorsolateral prefrontal cortexの略語です。


腰痛に関して言えば、痛みの回路に興奮を沈める指令を出す役目を担っています。なので、痛みの回路が興奮しっぱなしになり痛みが収まりません。


腰そのものの問題は解決していても、脳によって痛みが引き起こされているのです。いわば「幻の痛み」。だから腰をいくら治療してもこのケースでは治らないということです。


DLPFCの活動低下・・・これはうつ病にもつながっていますよね?ではなぜDLPFCの体積が減り、機能が衰えてしまうのでしょうか?その原因は「強い恐怖心」と言われています。


一度でも腰痛で恐ろしい目にあった人には


「あのひどい痛みが出たらどうしよう・・・」

「ぎっくり腰でまた動けなくなったら仕事が・・・」


などと、腰痛に対する恐怖が芽生えます。


その恐怖によってDFPFCは活動を邪魔されて、萎縮してしまうというのです。

Sponsored Link



恐怖克服法



さて、その脳に悪影響を与える「恐怖」ですが、克服できるのであれば、その方法を知りたいですよね。いわゆる「脳のリハビリ」。どんな方法なのかというと、


その1「映像」

腰痛は怖くない!という腰痛は克服できるんだという啓蒙的なVTRを何本か観てもらうという方法


これによってどのくらいの人が良くなったのか?


データによると175人中68人の人が改善されました。ということは改善率は約38%です。


次に残りの約40%のために行ったのは-


その2「仙骨に手を当てて腰を反らす姿勢で3秒キープ」


腰が痛い人が取りにくいとされる腰を反らす姿勢をあえてしてもらうことで、「恐怖」を克服するという方法です。この動きを繰り返し行います。(この方法は腰から膝にかけてシビレが出る人はやってはいけないようです)


番組では、介護職の方がモニターになってこの腰を反らす動きを続けてもらっていました。


すると、日を追うごとに反れるようになってきて、シビレや腰の痛みが減って、いつもしていたコルセットもしなくて済むようになっていました。


数字的な結果は、映像を見ても変化がなかった慢性腰痛患者107人のうちの70人がこの方法に2週間トライして32人が改善しました。


映像と姿勢によるリハビリで改善率があわせて56%。半数以上の人に効果があったということです。


これはすごいことではないでしょうか。特別な治療をしていないにもかかわらずこれだけ改善できる可能性があるのです。


さらに「映像」「姿勢」でも改善がなかった人についての克服法もやっていました。


オーストラリアでの腰痛キャンペーン



オーストラリアでは国をあげて腰痛に対する啓蒙活動続けた結果、患者数が激減したそうです。その方法は「認知行動療法」です。


番組で取り上げていたオーストラリアのケースは、1日8時間かけての治療でした。


内容はカウンセリングと運動です。それを交互に9時から17時まで取り組むのです。(けっこう大変!?)


カウンセリングでは、どんな恐怖や不安が貴方の腰痛の原因になっているのか?ということをグループで考えて話し合っていきます。


もうひとつの運動療法では、からだを鍛えるということではなく、動かしても痛くないんだということを覚えさせるために行います。ここで重要な事は、目標を定めて運動するたびにその回数を記録することです。


記録がだんだん良くなることで自信がつき、恐怖を和らげるのに役立つのです。


このプログラム参加している人は、少しずつ痛みが緩和されていることを実感しているようでした。そして1日8時間を3週間続けるという集中プログラムに参加した9人中8人が改善。


はじめは歩くのままならなかった女性が、3週間後には踊るように歩いて喜んでいるのがとても印象的でした。


日本でも、腰痛のガイドラインとして、この認知行動療法は強く推奨される療法として認められています。しかし、日本ではこの認知行動療法は保険適用外なので、取り入れている病院はごくわずかだということです。


まとめ



運動療法と認知行動療法をベースに、必要に応じて薬を使うというのが、一番理想的な治療法だということです。


番組で紹介されていたオーストラリアでの認知行動療法はグループセッションなどが行われていましたが、個人的には、人前で「自分がどう感じているのか?」などと自分の感情を話すのが苦手な人が多い日本人には、少し不向きな気もしました。


認知行動療法に関して言えば、すでに本でも出ています。おすすめするのは、この2冊です。










この2冊は、DLPFCや運動療法についての細かいメニューなどは書いていませんが、まさに、この番組で言っていたことと同じことを書いています。


映像を見るだけで良くなった人がいるように、これらの本を読んだだけで腰痛が治ってしまった人もいると言われています。


私もこの本を読んで多くのことを学びました。読んでみると、なぜ巷にある治療法で腰痛が治らないのか?ということがわかると思います。


また、「腰痛は怒りである」の著者、長谷川淳史氏が「TMSジャパン 長谷川式腰痛治療プログラム」というさらに深く突っ込んだ腰痛治療のマニュアルを作成しています。


このプログラムでは、効果があると認められている具体的な方法が書かれています。興味がある方は公式ページをご覧になってみてください。


>>TMSジャパン 長谷川式腰痛治療プログラム


番組の結果同様、すべての人に効果があるわけではありませんが、効く人がいるのも確かです。
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ