ランニングやジョギング後の腰痛はシューズに原因が!予防法とは?

runner2

走っているときは、気にならないけれど、走り終わって歩いている時や、その場で休んでいる時に、だんだんと腰が痛くなってくることはありませんか?


もちろん、筋肉が疲れて痛みが出てくるわけですが、そんなにたくさんの距離を走っていないし、ペースが速いわけでもないのに痛くなることがありますよね。


フォームや筋力不足など、いくつかの理由が考えられますが、今回は『シューズ』に注目してみました。

Sponsored Link



サイズとクッションも大事だけど・・・



走るときのシューズ選びでは、まずサイズが大事で、その後は履き心地を重視しますよね。おしゃれな人であればデザインも気にすると思います。


履き心地の中には、クッション性やフィット感の良さが含まれますが、はっきり言って、今のランニングシューズはどのメーカーも「大ハズレ」はないと言えるでしょう。


だから、シューズ選びは、よほどの怪しいところで買わないかぎり失敗はないと思います。ただ、それでも走った後に腰が痛くなるのは、シューズが影響していることがあるのです。


その原因は、


「シューズの履き方」


です。


せっかく良いランシューを履いているのに、とてももったいない履き方をして、挙句の果てに腰を痛めている人が多いのです!!では、悪い履き方、正しい履き方について。


ランシューの悪い履き方



もうこれは一言、


「靴紐を結んだまま、履いたり脱いだりできる状態」


これが、一番良くない履き方です。靴紐があるにもかかわらず、キチッと締めていないと、足が靴の中で前後左右にズレます(遊びます)。


そうなると、着地した瞬間にズルっとズレるわけですから、踏ん張らなくてはいけません。踏ん張るということは、余計に筋肉を使うわけです。


特に踏ん張るときに頑張るのは大きな筋肉。太ももやおしりの筋肉が主に支えますから、長い距離はもちろん、短い距離でも早く疲れてきます。


その影響を受けて、腰回りの筋肉も疲れてきて痛みが出る-。となってしまうのです!


シューズにヒモでしっかり固定していない人は、腰だけでなく、膝や股関節も痛めている可能性が高いですし、爪が死んだり、タコができているかもしれません。


シューズのヒモをしっかりと結び直さずに走っている人は、大人になってから本格的に走りはじめた、という人に多く見受けられるようです。


では、正しいシューズの履き方は?

Sponsored Link



正しいシューズの履き方



まずはヒモを解きましょう。それからシューズに足を入れ、ベロを引っ張りながらカカトをトントンしてカカトに合わせます。


kakato1

次に、ここがポイント。


ヒモで足の甲部分を締めてフィットさせていくのですが、ヒモをグッと引っ張るだけではダメです!まず引っ張ってくるのはシューズのシューレースホール(靴紐を通す穴)部分。




画像の赤丸で囲んだ部分です。


ここを引っ張るというか甲にしっかり密着させるように、ピンクの矢印方向(中央)に寄せていきます。中央に寄せながら、十分にヒモを引っ張って締めましょう。


そうすると、つま先にはあるていど余裕ができて、カカトと甲の部分はきっちりと固定されるので、シューズの中で足が遊ぶことが非常に少なくなります。


まさにシューズが足の一部になる感じです。


まとめ



実はシューズの履き方によって、脚の筋肉が疲労して腰まで痛くなるということがあるのです。ぜひ正しい履き方でランニングを楽しみましょう!


また、ランニングの時だけではなく、ふだん履いている靴の履き方にも気を遣うようにすれば、腰痛に悩まされることがグッと減ってくるはずですよ!


ふだんの生活では靴を脱いだり履いたりすることが多いので、わざわざヒモを解いてカカトをトントンして-なんて、面倒くさくてやってられない!という声が聞こえてきそうですが、、、


この一手間が今後の腰痛克服にもつながってきますので、習慣化できるといいですね。


正しい靴の履き方に慣れてくると、シューズの中で足が遊ぶ感覚が非常に不快に感じてきますので^^そうなったらしめたものです。


Sponsored Link


 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ