腰痛対策のジャックナイフストレッチのやり方や効果について!

jayck

腰痛にはストレッチが有効で、いろいろな方法が紹介されていますが、最近話題になっているのが


「ジャックナイフ」


と呼ばれるストレッチ。


現代人は座っていることが多いからか、昔に比べてハムストリングスが非常に硬くなっているんだそうです。それを「タイトハム」と言うみたいですね。


そんなタイトハムを解消するのにジャックナイフストレッチがとても有効なんです。


このジャックナイフストレッチという呼び名は、ストレッチをしている身体の形から付けられた名称です。見た目がこのように折りたたみナイフのように見えるからです。


jackk


このストレッチは、帝京大学医学部付属溝口病院准教授の西良浩一先生が発案されたものです。このような形になることでハムストリングス(モモ裏)が伸びて、腰痛解消・予防に大変効果があるとされています。


ということで、さっそくやり方を紹介!

Sponsored Link



ジャックナイフストレッチのやり方



1,肩幅程度に足を開いてしゃがみます。
2,両手で両足首をしっかりと握ります
3,胸と太もも前面をくっつけます
4,胸と太ももが離れないように膝を徐々に伸ばしていきます
5,限界まで伸ばしたらそのポジションで10秒間キープ
  

これを毎日5セット行うのが理想


胸と太ももが離れないように膝を伸ばしていく(お尻を上げていく)のがポイントです。動画もあるので合わせてご覧になってください。





元々身体の柔軟性がない人は、はじめの画像の人のようにキレイに身体が折れません。動画の方のようにスッと膝が伸びきらないことがほとんどです。


でも伸びきらなくても十分にハムストリングスへの刺激が伝わるので柔軟性が増します。だからけっして頑張りすぎて膝を伸ばしきろう、だなんて思わないください。思わぬ怪我につながる場合があります。


腰痛とハムストリングスの関係



ハムストリングスは腰痛と大いに関わってくる筋肉と言えます。ハムストリングスが使いすぎて緊張が強いと、その上の臀部の筋肉も緊張してきます。


すると腰部の筋肉にまでその影響は波及してきます。


また、ハムストリングスには骨盤の前後の傾きを調整する役割もありますから、硬くなると骨盤が前傾しづらくなり、無理して前傾しようとすると、腰椎に負担がかかります。だから腰痛が出てしまうのです。


そして筋肉というのは、使われずに刺激がない状態が長く続いても硬くなってしまうという性質があります。


たとえばソファで骨盤が後傾してダラっと座っていると、ハムストリングスには緊張が入りません。その状態で何時間もいるとどんどん硬くなってしまいます。


sofa2

筋肉というのは程よく使われることで良い状態を保つことができるのです。

Sponsored Link



従来のストレッチとは何が違うのか?


では、ジャックナイフストレッチは従来のストレッチと何が違うのでしょうか。それは、筋肉の生理的反射を利用しているため、従来行われているストレッチよりも筋肉の柔軟度が増すのです。


ここで言う生理的反射というのは、大腿前面の筋肉を縮めようとすると、拮抗筋であるハムストリングスは緩んで伸びようとするという働きです。


拮抗筋は、片方が縮むと片方は伸びるという動きを頭で考えなくても勝手に行ってくれるのです。この動作をわざわざ考えないとできないのであれば、歩くことなんてとてもできませんからね。


この生理的反射(相互抑制反射)を利用することで、既存のハムストリングスのストレッチ(静的ストレッチ)よりもかなり柔軟性が増すようになっています。


sutoretti

ジャックナイフストレッチの効果



ジャックナイフストレッチを続けることによっていろいろな良い効果が現れます。

・身体の柔軟性アップ
・腰痛解消
・姿勢が良くなる
・足のだるさ解消
・スポーツ時のケガ予防
・身体のパフォーマンス向上



と、いいことづくめです。


自宅で何の道具もいらないで手軽にできる効果バツグンのストレッチはなかなかありません。


このストレッチは腰痛があるなしに関わらず行ったほうがいいでしょうね!

Sponsored Link


 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ