腰痛対策に筋膜はがしのグリッドフォームローラーを試してみた!

grid22
グリッドフォームローラーをご存知でしょうか?以前に嵐の松潤が絶賛していたとか、朝の情報番組(たしかTBSのあさチャン?)でも紹介されていたので知っている方もいるのではないでしょうか?


このアイテムは、筋膜をリリース(剥がす)ために開発されたらしいです。ストレッチポールというものが以前からありますが、それに似たような感じもします。

ストレッチポールはこんなやつです↓
strechpole
私はストレッチポールを持っているので、買う必要はないかな?と思いましたが、ストレッチポールよりも短いので、身体の色んな所に使えそうだな、と思いさっそく購入してみました(けっこうミーハーです^^)


Jpeg

カラーは5種類くらいあって、迷彩柄なんてのもあります。







私は地味にというか、汚れがあまり目立たないようにブラックをチョイス。アマゾンで購入したんですけど、この「TRIGGERPOINT PERFORMANCE」という会社以外にもいろんなところから発売されています。


それぞれ値段や材質が違っていて、何が良いのか、どこが良いのかまでは調べずに、テレビで紹介されていたこの会社のものを素直に購入しました。

Sponsored Link



マニュアルがない



あらかじめアマゾンのレビューや販売ページにも書いてありましたが、マニュアルがついていません。【※2016年12月現在は国内正規品であれば日本語の説明書がついているみたいです】


海外の商品なので日本語表記はどこにもありませんでした。


でも、ネットで検索すると親切にいろんなサイトでこのフォームローラーのやり方を解説してくれています。非常にありがたいですね。


とくに細かく解説しているサイトがこちら。


>>筋膜リリースの方法・効果とThe Grid Foam Rollerの使い方まとめ


表示されたページから部位別の各ページにリンクしています。


けっこう痛いです



イメージはストレッチポールなので痛くないと思っていましたが、臀部と腸脛靭帯なんかかなり痛いです!!


formroller2

ギュッと押し付けてしまうと痛すぎるので、腕で身体を少し浮かせるようにしながらグリグリと動かすわけです。


じつはもっとリラックスしてできるものかと思ってましたが、どちらかと言うとトレーニング志向が強い感じでした。そしてヘタに力を抜くと圧が強すぎて痛いので脱力して行うのは難しいです。


ただ、背中と内ももだけは気持ち良いですね(^^)


grid21

というわけで、買ってから毎日パート別に実践しています。


私の場合は、脚からの影響が強いのかふくらはぎや太もも周りをローラーでゴロゴロやると腰周辺がとてもリラックスできます。


しかしやり過ぎると翌朝になって、もみ返しのような筋肉痛が出るので注意です。


Sponsored Link



腰の筋膜は緩めてはいけない!?



さて、やり方をひと通り覚えたのですが、どこのサイトやブログを見ても、腰の部分をゴロゴロやりましょうという解説はありません。


腰痛改善のために買ったんですが、じつはフォームローラーは腰そのものにはアプローチしないということでちょっと残念、、、。


しかし、筋膜の概念で考えると、身体はウェットスーツのように繋がっているので、身体の何処かで硬くなっているところを緩めれば、腰痛も楽になるはず。


kinmaku

だから腰の筋膜を緩めなくても他の部位の筋膜を緩めればいいわけです。


また、一説には腰部の筋膜は身体の安定を図るためのものなので、剛性を持たせておくべきであるということです。


つまり腰の筋膜は緩めてはいけないのです。腰砕けみたいになるというイメージでしょうか。





まとめ


グリッドフォームローラーは、腰に直接アプローチしないのですが、間接的に腰痛を緩和させる方法としてはアリだと思います。


使い方によっては筋膜を緩めながら筋肉を鍛えることもできるので、シェイプアップやトレーニングにも最適です。(私はやりませんが:笑)

というか、そもそも筋膜ってこのグリッドローラーで緩むのか?っていう疑問もありますが、まあ身体がラクになればいいんです。
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ