ウチの妻が産後の腰痛を克服した3つのポイントを紹介!

yotu
産後にかかわらず、妊娠中から出産時まで腰痛はけっこうまとわりつくようで、ウチの妻も腰痛には悩まされました。妊娠時は良かったのですが、出産後に腰痛が出るようになりました。

しかし、本やネットで調べたり実践で試したりして、子どもが1歳になる頃にはすっかり腰痛が治まったのです。効果があったな、というのは以下の3つのことです。

1.『ベルト』
2.『骨盤の向き』
3.『履物』


まずはベルトについてです。これは骨盤を締めるベルトのことです。


今では広く認知されているので当たり前かと思われますが、有名なトコちゃんベルトや腰痛コルセットよりも安上がりで身近なアイテムでもベルト代わりになります。


それはエプロンです。エプロンをベルト代わりに締めておくだけで腰痛の軽減に役立ちます。


epron

使うのはワンピース型のエプロンではなくカフェエプロンです。


締める位置については他の記事にも書いたかもしれませんし、トコちゃんベルトの使用法にも書かれているように、あくまでも骨盤を締めるようにします。


詳しく言うと「上前腸骨棘」という骨の部分よりも下で締めるようにします。探ると硬いところが当たるのでわかると思います。


jyozen

ただ、トコちゃんベルトと違う点はあまりきつく締めないことです。締めているのを忘れるくらいの強さでも十分に骨盤を締めることができます。


締めるというよりもこれ以上骨盤が広がらないようにする、というイメージで良いかもしれません。

Sponsored Link



次に注意したいのは「骨盤の向き」です。これは骨盤の前傾・後傾のことを言っています。骨盤が後傾していると腰痛が出やすくなります。


とくに座っている姿勢に気をつけなければいけません。なぜなら骨盤が後傾していると、坐骨結節で体重を支えられず、骨盤周りの筋肉を使ってしまうからです。


筋肉はだんだんと疲労してくるので、痛みが出てきてしまうのです。だからなるべく骨盤は前傾気味にと言いますか、坐骨結節が常に座面に当たっているように心がけたいです。


坐骨結節は骨ですから筋肉のように疲れませんから腰痛も出にくくなります。


坐骨結節とは赤丸の部分です。三角座り(体育座りとも言いますか?)した時に当たる硬い部分です。


zakotu

とくに授乳の時の姿勢であぐらをかいたりすると思いますが、(横座り、アヒル座りはNG!)あぐらはどうしても骨盤が後傾しやすいのでお尻の下にクッションや座布団を入れて脚の部分と骨盤部分に段差をつけるようにしましょう。すると骨盤は後傾しにくくなります。


このような感じです。


agura

脚も全部座布団の上に乗せたらダメですよ!段差がつかないので骨盤は後傾したままですから。


agura2

イスに座る時も同じように骨盤がなるべく後傾しないようにします。お尻の後ろ半分くらいが乗るようにクッションや座布団を入れるとイイかと思います。


ただ、このずっとこの姿勢も着かれると思いますのでたまには骨盤を後傾させて座ってもOKです。


座布団の代わりに今は骨盤を立たせるための専用のグッズもあるんですね。安上がりにしたいならクッションや座布団を丸めれば十分だと思いますが、使いやすそうではあります。


>>【姿勢快適クッション】


>>【スタイルキーパー】


>>【らくゆら練座】


最後に注意したいポイントは「履物」です。スリッパのようなカカトに何の固定もないような履物はやめるべきです。なぜかと言うと、スリッパのような履物は「浮き指」になるからです。


履物が脱げたりズレたりしないように指の甲で支えてしまうから指がだんだん浮いてきてしまうのです。


浮き指とは立っている姿勢で足の指が地面から浮き上がっている状態のことを言います。この画像でおわかりですね。


ukiyubi

足指が浮いていると、身体の重心は後ろ気味になります。


後ろ気味になると、脚の後ろ側の筋肉、ふくらはぎやハムストリングスに力が入りますからとても疲れやすくなりますし、骨盤が後傾になります。すると当然腰痛も出やすくなります。


対策としてはスリッパやサンダルを履かない。スニーカーのような紐がついた靴でしっかり固定した状態にするというのが大切になってきます。


この結び方はとても参考になります。しっかり締めて履いた状態と、すぐ脱いだり履いたりできるようなユルい結びで履いた状態で歩いてみると足腰の軽さが全然違います!ぜひ一度比較してみてください。





もうすでに浮き気味の場合は、足指歩きでトレーニングするようにします。


足指歩きはペタッと足指すべてを床につけて、足指の力だけで前に進むというトレーニングです。まったく前に進めない人もけっこういるようです。身体の反動を使うのはナシです(笑)





するとだんだんと足指が着くようになり自然と重心が後ろ寄りから前に戻ってきます。となれば、脚の後ろ側~お尻~腰の筋肉の負担が減って痛みが減ってくるはずです。


いろいろ試したのでまだ他にもあったような気がしますが、ひとまずこの3つを気をつけることで克服することができました。もうすぐ産後2年になるのですが、たまに痛みが出るくらいで翌日には治まってしまう程度です。


まあ、あくまでもウチの妻が良くなったケースですので、当然効果の出方には個人差があります(よく聞くセリフですね:笑)


でも余分なお金も時間もかかりませんし、無理な運動をするわけではないのでリスクも少ないので、試してみる価値はあるかな、と思います。


骨盤が開く以外にも原因はある!?



妊娠・出産時に腰痛が出るのは骨盤の開きとか靭帯の緩みなどが関係していると思いますが、それ以外にも気になることがあります。それは分娩台です。


分娩台のあの仰向けが良くないんだと思います。足の裏を当てるパッドがないタイプなんかなおさらです。力が入りません。


やってみるとわかりますが、仰向けってやはり踏ん張りが効きづらいです。上半身は比較的力を入れやすいのですが、下半身は力が入りづらいです。


力が入りづらいのに、今までに出したことのない力を振り絞るので骨盤周りの筋肉はおそらく痛みます。


だから水中分娩とか四つん這いでの分娩の方が、力が自然と入って腰痛も出にくいのではないでしょうか。妻は産婦人科での出産だったので分娩台での出産でした。


腰が痛いという時にあちこち触ってみると、脚の内転筋がヤバイほどに硬くなっていましたから、腰痛はそういった変な体勢での踏ん張りも原因になっている可能性を感じました。


Sponsored Link


 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ