ハイヒールを履くと腰痛が出る原因と対策について

hi-ru
ハイヒールって履きますか?近年ではいろんなタイプの靴が出ているので、昔ほどヒール率が高くなくなったと言われていますが、シーンによってはヒールの靴は必要になってきますね。


でもヒールが高い靴を履くと腰痛が出ませんか?今回はその原因や予防策についての考察です。

Sponsored Link



ハイヒールで痛くなるのはココ!



ハイヒールの場合、つま先立ちになるので通常よりも安定感に欠けるようになります。安定させるためには足(脚)の筋肉でバランスを取ろうと頑張ります。


ヒールなしの状態でももちろん筋肉は働いていますが、ハイヒールの方が確実に筋肉は使われます。


どこの筋肉が働くのかというと、スネの筋肉です。前脛骨筋という場所です。身体が前傾になるので踏ん張るためにここの筋肉が使われてパンパンになりませんか?


keikotu

また、足の親指と小指の付け根も痛くなりやすいです。さらに足裏(中足骨の先端)。これらは体重がかかってくるところです。


asi

そして腰。腰というか仙腸関節の辺りです。ここも体重がかかってくるところですね。


まとめると、
・指の付け根周辺
・スネ
・腰



これらの場所に痛みが出やすいと言えるかな、と思います。腰だけじゃないんですよね、ハイヒールは。だから女性は本当に大変だと思います。。。


ヒールが高いと腰に痛みが出る原因



腰痛が出てしまう原因を考えてみると、ひとつは腰そのものに体重がかかることですが、腰に体重がかかることはヒールがあろうがなかろうがあまり変わりませんが、かかり方が違います。


どう違うのかというと、いつもよりも骨盤が前傾になっている状態で体重がかかってくる点です。


実際にやってもらうとわかると思いますが、いつもよりも骨盤を立てると、より鮮明に腰に体重が乗っかってきます。これが痛みが出る直接的な原因と言えます。


この状態でずっといれば痛くなりそうですよね。

Sponsored Link



じゃあ前傾しないように立つとどうなるか。超カッコ悪い立ち姿です(汗)。たまに骨盤が後傾してヒールの高い靴を履いている女性を見かけますが(若い子に多いような)、可哀想なくらいカッコ悪いです。。。


ヒールのある靴を履く、ということは骨盤前傾がデフォルトなんです。


これって日本人にとってはかなり不利です。日本人は骨盤が後傾気味の民族だからです。


元々ハイヒールって西洋の履物ですからね。向こうの人達って骨盤が前傾していてお尻もプリッとしていますから、ハイヒールは全然イケるんです。


身も蓋もない言い方をすると、ハイヒールは日本人には向かない履物ということです(笑)


でも冒頭にも言いましたが、履かなければいけないシーンもあるわけで・・・ではどうしたら良いのか?


ハイヒールでも腰痛にならないように普段から心がけること


腰が痛くなるのは、骨盤がいつもよりも前傾してしまうからなので、常に骨盤を立てるクセをつけておくことが肝心です。「立腰」なんて言われたりもしていますね。


その他に普段から気をつけておきたいのは、立っている時の重心の位置です。


前回の記事でも書きましたが、内くるぶしでの下辺りに重心を持ってくることが重要です。

asi2

すると、骨盤の前傾がよりスムーズにできるはずです。骨盤の前傾だけでなく、足指の付け根の痛みも軽減されると思われます。


もし、ここに重心を持ってこれない人は、つま先を少し外側に向けて立つ(歩く)ようにしてみてください。きっといつもよりも内側に重心が乗るはずです。


これも日本人の特徴なのですが、特に日本人女性はつま先が内側に向いています。いわゆる内股とも言えるかもしれません。西洋人でつま先が内向きな人ってあまりいないようですよ。


utimata

つま先が内側に向いていると上の画像のところに重心が行きません。もう少し外側に行ってしまいます。すると、これもやってみるとわかりますが、骨盤が前傾しにくくなります。


ということで、ハイヒールを履いた時の腰痛予防は、日頃から骨盤を前傾させやすい姿勢を取ることです。あとは、定期的にハイヒールを履いて慣らしておくのも良いですね。


重心位置、骨盤位置に気をつけて腰痛知らずで颯爽とハイヒールで歩きたいですね^^
 

Sponsored Link


 
 


サブコンテンツ

このページの先頭へ